どうしても開かないっ…!
瓶の蓋を開ける8つの方法

どうしても開かないっ…! 瓶の蓋を開ける8つの方法
ビンの蓋が開かない
食材の長期保存の際にお世話になるガラス瓶ですが、
久しぶりに開けようとしたら、固くなっていて全然開かない・・・。

よくある話ですが、力が弱いと本当に困ってしまいますよね。

そんな時、身近にあるものでビンの蓋を開ける方法と、
便利グッズをまとめてみました。

<1.濡れタオルをつかう>

タオルやふきんを濡らして蓋にかぶせ、
つかみやすくして開ける方法です。


手軽なので一番に試す方法ですね。

濡らすことでグリップ力が上がりますし、
細いものをつかむよりも、太いものをつかむ方が
力が入りやすくなります。

<2.ゴム手袋をはめて開ける>

家庭によくあるものの一つに、ゴム手袋がありますよね。
素手だとどうしても滑ってしまい、力が入りずらくなります。

ゴム手袋は素手と比べて格段にグリップが良いので、開きやすくなります。
力を入れる時に手が痛くなりずらいのもポイントですね。

<3.お湯につける>

ビンの中に空気が多い時に有効です。

多くの場合は瓶に保存する際に、熱いまま入れると思いますが、
そのまま蓋をして冷やすと、中の空気が冷えて負圧になり、
ビンが開かなくなってしまいます。

温めることでビンの中の圧力を元に戻しすと、
蓋が開きやすくなりますよ。

<4.水につける>

この方法は瓶と蓋の間にジャムなどがついたまましめて、
固まってしまっている時に有効です。

水を張ったボウルなどに、瓶をひっくり返して、
蓋が水につかるようにして10~30分ほど放置してみましょう。

固着した食べ物に水気が戻って、
開きやすくなりますよ。

<5.蓋をたたく>

蓋をきつく締めすぎてしまった時に有効です。
包丁の柄やスリコギなどで、蓋のふち(側面部分)を叩きます。

コツとしてはビンを回しながら、コンコンコン・・・と
少しずつ叩くのがポイントです。

一点を集中して叩きすぎると、蓋が変形してどつぼにはまりますので、
十分注意してくださいね。

<6.ガムテープを使う>

あまり一般的には知られていませんが、
以下の画像のようにして開けます。
ビンの蓋を開ける方法
冷蔵庫から出したばかりだと水分が付いていて
上手くテープが付かないので、よく水気を取って挑戦してみて下さいね。


1~6までの方法で大部分は開くような気もしますが、
それでも駄目な時は以下の道具を使ってみましょう。

<7.ビン蓋開けを使う>



ゴム手袋の原理を応用した商品です。
持ち手ができることでかなり力も入るのでオススメです。

大中小の3つが入ってこのお値段というのもポイントですね◎

<8.ビンアークをつかう>

なんと、電動で蓋を開ける機械です。
ビンの蓋を開ける 画像1ビンの蓋を開ける 画像2
電動なので力の弱い女性やお年寄りにピッタリですね。
操作もボタン一つで簡単ですし、値段も3000円以下です。

東急ハンズで実演をしていた時の動画はコチラです。

以上、瓶の蓋を開ける7つの方法でした。
素手で頑張りすぎると水ぶくれになるので、注意して下さいね☆

Sponsor
Sponsor
Sponsor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsor
Sponsor

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です